【Slenium】HTMLでのXpathとPythonでの指定方法

行いたいこと

今回はHTMLでのXpath指定をPythonで指定するメモを残したいと思います。
例えばHTMLで「//h1[@class=”_3cl937Zpn1ce8mDKd5kp7u”]」
と指定した場合にPythonでは「driver.find_element(By.XPATH,’//h1[@class=”_3cl937Zpn1ce8mDKd5kp7u”]’)」
とするような内容です。

ソースコード
解説

コメントアウトでも記載していますが、下記の要素をPythonで指定しています。
・HTMLでのXpath(h1タグ AND クラス)
・HTMLでのXpath(text)
・HTMLでのXpath(svg)
・CLASS属性のみで検索する場合

スクレイピングを行う際に良く使用する指定方法を纏めてみました。
特に「By.CSS_SELECTOR」はClass名をそのままコピペしてしまい、
よくエラーを起こしてしまうので気を付けたいと思います。

今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました!